Archives | Tumblr | Facebook | bullet-feed.pngRSS
TOP2007年10月

お勧めの読書灯「Everest UltraLife Reading Light」

 図書館で借りてきた本を夜な夜な読むために、読書灯を買いました。下のやつです。

 Everest UltraLife Reading Light

 もちろん下調べを十分にして、一番良いものを買ったつもりですが、本当にこれは当たりでした。周りに明かりを漏らさず、読みたいページのみ照らすことが出来ます。

 光量もばっちり、十分過ぎるほどです。直接見ると残像が残ります。最近のLEDは性能が良いですね。

 カタログスペックでは単四電池4つで100時間持つと書いてあって、本当かいなと半信半疑だったのですが、ほんとに電池持ちが良いです。3ヶ月使い倒してますが、まだ電池交換はしてません。

 あまりにも明るいので、この前の車中泊の時に、車内灯として使いました。なかなかの活躍ぶりです。それにこれ、胸ポケットに固定できる構造になってるので夜釣りでも使えそうです。今度使ってみます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

図書館:最近の図書館は便利になった

 ちょっと長めに休んでいた間、図書館には大変お世話になった。娘が起きていると必ず邪魔されるので、1日1冊はさすがに無理だったけど、2.5日に1冊くらいのペースで本を読めていたと思う。

 僕の住んでいる地域の図書館では図書の予約が出来るのだが、これが本当に便利。読みたい本を見つけたり、思いついたりしたら、とりあえずネットから蔵書検索を掛けてみてその本が図書館にあるかを調べてみる。図書館に目当ての本が置いてあるのを発見したら、その場ですぐ予約する。よっぽどの人気本で無い限りはすぐ読める状態で予約出来るので、予約出来た本はいくつかある図書館分館の中から最寄りの図書館に配送してもらう事が可能だ。予約完了の本は2週間有効なので後は時間があいたときに予約された本を一括で取り行くだけ。返すのは分館のポストに入れるだけなので、夜でもOK。

 
 このサービスを活用するようになってから、本屋で本を買うのがバカバカしくなってしまった。本屋に行くことはあるのだけど、見たい本を見つけたら、覚えて置いて家で蔵書検索するのが習慣になってしまっている。このサービスをみんなが知ってしまうと、ただでさえ古本屋に押されている本屋がさらに廃業へ追い込まれないかと心配になる。何より、借りた本は手元に残らないので本棚に本がたまっていくことが無い。どうしても読みたい本があればまた借りればよいのだから特には困らない。

 最近、勤め先がある市の図書館でも同様のサービスがあることに気づいた。勤め先であれば本を借りることが出来るようなのでここの図書館のカードも作っておこうと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nike+:「Nike+ iPod Sport Kit」を買った

 先月、自分の誕生日にApple Nike + iPod Sport kit MA365J/Bを買った。

 だいぶ前に発売した製品なので今更感があるが、買って一ヶ月使ってみた感想はかなり使える。これは良いと言うことだ。

 僕の場合、ランニングじゃなく主にウォーキング目的で使用しているのだけど、なんだかんだと飽きずに1ヶ月雨の日以外はほぼ毎日ウォーキングのお供として使用し続けている。今のところトータルのウォーキング到達距離100km弱といったところ。トータル250kmに達するとなにかイベントがあるらしい。

 靴にセンサーを仕込むのに、Nike+iPod用シューズを一緒に買うとソール部に穴が開いていてすっぽり入る用になっているらしいのだが、そのためにNikeの新しい靴を買うのはバカバカしいので、元々あったウォーキングシューズに、センサーを仕込むことにした。

 水平でかつ、足に密着していればセンサーは作動すると言うことだったので、初めは、足の甲の上、靴ひもの下にあるベロの部分(なんて呼ぶか分からない)の裏側に切り込みを入れ、袋状になっている部分に差し込んで使用していたのだが、歩いている内にちょっとしたずれで水平状態ではなくなるらしく、きちんと距離を計測しない場合があったため、最終的にはソール部分に彫刻刀で穴を空けて差し込む事にした。今はほとんご誤差無く作動している。靴ひもの上にセンサーを固定する製品もあるらしいのだが、結局ソールに仕込むのが一番良いらしい。

 今後は、せっかく歩いた距離が出るのだから、自宅から歩いて旅に出てると仮定してどこか遠くを目指したい。とりあえず青森でも目指すか。

このエントリーをはてなブックマークに追加